呑兵衛以上、酒好き以下。

酒通目指して日々精進。

背筋の伸びるビール:Firestone Walker Fortem

Craft Beer Base BUDにて。

Firestoneの実験的ビール。


f:id:tetrahedrane:20170621182650j:image

Unfiltered Imperial IPAということですが、ホップが活き活きと、とにかくジューシーで、インペリアルIPAとは思えない爽やかな口当たりです。

一口含んだとたん、汗がすっと引いて、思わず背筋が伸びました。

 

後味はしっかりフルボディですが、ホップの軽やかさのおかげで、しつこ過ぎず、バランス抜群です。

 

飲み過ぎ注意!

 

f:id:tetrahedrane:20170621182658j:image

優秀なセッションIPA:グランドキリン IPA

グランドキリンIPA


f:id:tetrahedrane:20170424195800j:image

 ホップの香りが爽やかです。マスカットのよう。

いかにもIPAらしいゴツゴツした苦味はなく、香りに特化した感じ。

 

夏場にピッタリ。

これは優秀なセッションIPAですね。

シンプル・イズ・ベスト:SINGLE HOP MURAKAMI SEVEN

スプリングバレーブルワリーの限定ビール。

新品種の国産ホップ「MURAKAMI SEVEN」を使ったプロトタイプ第1弾です。


f:id:tetrahedrane:20170531214816j:image

レモンのような、明るくて軽やかな香り。

香りを邪魔しない上品なボディ。

 

シンプル・イズ・ベスト。

これはいいビールですね。

 

また同じ香り:グランドキリン JPL

グランドキリンの「Japan Pale Lager」。
f:id:tetrahedrane:20170418220413j:image

 

国産ホップ「いぶき」使用。

希少ホップのはずなのに個性があまり感じられません。

 

いや、特徴のあるホップだからこそ、これを使うとどれも同じ香りになってしまうのでしょう。

 

キリンは最近、ひたすらこのホップ推しですからね。

毎度楽しみにしていた、一番搾りの「とれたてホップ」も、昨年は、フレッシュホップのみずみずしい香りがいぶきホップの香りに上書きされてしまっており、残念な感じでした。

 

せっかくの個性豊かな希少ホップ、中途半端なことはせず、有効活用してもらいたいものです。

爽快!:KANDA KRAFT

SCHMATZ神田店のハウスビール。


f:id:tetrahedrane:20170418215745j:image

スッキリ爽やか。ぐいぐい呑めます。

ローストポークとの相性抜群です!

 

本格的なケルシュが樽生で呑めるのは、貴重ですね。

できることなら、ジョッキではなく200mLのグラスで、コースターに印を入れながらどんどんお代わり(わんこビール)したいところですが。