読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呑兵衛以上、酒好き以下。

酒通目指して日々精進。

これなら確かに柑橘の香り:クラフトラベル 柑橘香るペールエール(樽生)





クラフトラベルの樽生を呑みに、東京・丸の内のCOOPERSへ。
f:id:tetrahedrane:20150620232555j:image

f:id:tetrahedrane:20150620232536j:image
寸胴な専用グラスで提供されます。なんと、香りを楽しむためのアイマスク付き。
 
缶よりも樽生の方が、ずっと香りが立ちます。これなら確かに柑橘の香りかも。
わざわざ呑みに寄った甲斐はありました。
 
香りの違いは、注ぎ方、温度管理、グラスの形状、といったところが主な理由でしょう。
そのあたり、家庭でもなんとか真似できるといいのですが……。