呑兵衛以上、酒好き以下。

酒通目指して日々精進。

オリーブオイルと好相性:「新」一番搾り

「新一番搾り「おいしい!」体験会」にやってまいりました。ますますクリアな味になりました。麦の甘みと香り、そして上品なホップの香りが表に出た、シンプルな味わい。 少し物足りない感もありますが、油、特にオリーブオイルを使った料理との相性はよさそ…

主張しないエール:富良野の薫り

サッポロのイオン系列限定ビール。 ゆるやかエール、という能書きの時点で正直期待できませんが、気にはなりますので、とりあえず1缶購入。 さすがサッポロ、 雑味のない優秀なビールです。そしてクセもなく、特徴もなく……どうも方向性がはっきりしません。 …

安心の力強さ:キャプテンクロウ スラッシュラガー

オラホ初のラガービール。 公式コメントでは「鮮烈なホップの香りとラガーならではのクリアな飲み心地」とのことですが、私の感想とは一致せず。 ホップの香りは確かにしっかりですが、シエラネバダのそれのようなフレッシュさは感じません。むしろ、ボディ…

涼やか:一番搾り 夏冴えるホップ

一番搾りの夏限定バージョン。 決してキンキンに冷やしたわけではありませんが、冷涼感抜群です。 この涼やかさ、ヘルスブルッカーホップ由来だそうで。 クセもなく、とても呑みやすいですね。

ツマミなしでゆっくりと:SINGLE HOP MURAKAMI SEVEN

スプリングバレーブルワリーのプロトタイプビール。 明るい色から連想される通りの爽やかさ。 レモンやミカンのような、清涼感抜群の香りです。飲み込んだ後には、ソラチエースを彷彿とさせる、松ヤニのような和の香りが鼻に残ります。 ツマミなしでゆっくり…

さすが:SIERRA NEVADA Beer Camp Golden IPA

シエラネバダの限定IPA。 苦味ももちろんしっかりありますが、それよりも、レモンやライムのような爽やかな酸味を強く感じます。 さすがはシエラネバダ。 苦いだけのIPAとは一線を画す、ホップが活き活きとしたビールです。

背筋の伸びるビール:Firestone Walker Fortem

Craft Beer Base BUDにて。 Firestoneの実験的ビール。 Unfiltered Imperial IPAということですが、ホップが活き活きと、とにかくジューシーで、インペリアルIPAとは思えない爽やかな口当たりです。 一口含んだとたん、汗がすっと引いて、思わず背筋が伸びま…

優秀なセッションIPA:グランドキリン IPA

グランドキリンのIPA。 ホップの香りが爽やかです。マスカットのよう。 いかにもIPAらしいゴツゴツした苦味はなく、香りに特化した感じ。 夏場にピッタリ。 これは優秀なセッションIPAですね。

シンプル・イズ・ベスト:SINGLE HOP MURAKAMI SEVEN

スプリングバレーブルワリーの限定ビール。 新品種の国産ホップ「MURAKAMI SEVEN」を使ったプロトタイプ第1弾です。 レモンのような、明るくて軽やかな香り。 香りを邪魔しない上品なボディ。 シンプル・イズ・ベスト。 これはいいビールですね。

また同じ香り:グランドキリン JPL

グランドキリンの「Japan Pale Lager」。 国産ホップ「いぶき」使用。 希少ホップのはずなのに個性があまり感じられません。 いや、特徴のあるホップだからこそ、これを使うとどれも同じ香りになってしまうのでしょう。 キリンは最近、ひたすらこのホップ推…

爽快!:KANDA KRAFT

SCHMATZ神田店のハウスビール。 スッキリ爽やか。ぐいぐい呑めます。 ローストポークとの相性抜群です! 本格的なケルシュが樽生で呑めるのは、貴重ですね。 できることなら、ジョッキではなく200mLのグラスで、コースターに印を入れながらどんどんお代わり…

アサヒだ…:SPRING ALE

スカイツリーのすぐそば、アサヒ直営のレストランにて(訪問日:3月31日)。 スプリングエールなるものがありましたので、試してみました。 一口含んだ感想が 「アサヒだ……」 まさか、エールビールにまで、ドライの呪縛を感じるとは。 技術力はあるのに(毎…

ベルギービールの王道:La Trappe Blond

オランダのトラピストビール。 いかにもベルジャン酵母、という華やかな香り。そして上品な苦味。 ベルギービールの王道を行く味ですね。 軽いチーズとよく合います。

どっしり:Erdinger Urweisse

創業当時のレシビで作られた、「復刻版」Erdinger。 どっしり、重厚なボディ。 香りはどちらかといえば控えめ。 満足感抜群の一杯でした。

食後のひとときに:ブルゴーニュ・デ・フランドル

ランビックとエールをブレンドし、樽熟成させたベルギービール。 主張しすぎない上品な酸味と、ベリーの香り。 マディラワインのような力強いボディと甘味。 そばつゆを思い出させるほどの深いうま味。 食後のひとときにぴったりの、贅沢な一杯でした。 tetr…

再会!:うしとらブルワリー 若気狂宴

梅田のCraft Beer Basr BUDにて。 うしとらブルワリーの、グルートビール! グルートとは、中世ヨーロッパ、まだホップが使われていなかった頃に、ビールに添加されていたハーブのこと。 ホップ不使用なので、IBUゼロ! ハーブ由来の複雑で爽やかな香りです…

飽きずにぐいぐい呑める:Aecht Schlenkerla Helles Lagerbier

ラオホ(燻製)ビールで有名な、ドイツ・バンベルクのヘラー醸造所が作っているヘレス。 このビール自体には、燻製麦芽は使われていませんが、他のラオホビールと同じ釜で仕込んでいるため、ほんのりとスモーキーな香りがします。 満足感のある、でも飽きず…

麦のうま味と甘味:京都醸造 楓吹雪

遅くなりましたが、皆様、あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 2017年最初の記事は、年末のCraft Beer Base BUDで呑んだ1杯。 京都醸造とY.Market Brewingのコラボビールです。 麦のうま味と甘味がしっかりと。 呑みやすい、…

満足感抜群:Opperbacco Violent shared

イタリアのクラフトビールメーカー、OpperbaccoのセッションIPA。IBU110! 柑橘系の爽やかな香り。 舌全体にしっかり残る強烈な苦味。 満足感抜群の一杯でした。

薄い:肉専用ペールエール

ヘリオスからの、ローソン限定ビール。 すっきり、シンプルなペールエールです。 しかしモルトのうまみがどうも薄いような。その分アルコール感が強いです。 味、価格、入手性から、よなよなに軍配が上がりますね。

シャンパンのような爽やかさ:プレモル スパークリングゴールド

プレモルの限定版。 素晴らしい香りです。 シャンパンのような爽やかさ、そしてプレモルらしいクセがないのがなによりgood。 「薫り華やぐヱビス」の初回発売時の感激を思い出しました。年末年始のパーティーにもぴったりのビールですね。

調和した香り:Sierra Nevada Oktoberfest

シエラネバダのメルツェン。 ドイツ・バンベルクのMahrs Bräuとのコラボビールです。 シエラネバダというと、とにかくホップ全開のイメージが強いですが、このビールは、麦の香りとドイツの地ホップの香りとが調和した、落ち着いた味わいです。

ドリンカビリティ抜群:Hop Fest 2016

スプリングバレーブルワリーの「新酒」。 爽やかな香りと酸味。 ドリンカビリティ抜群の、素晴らしいビールです。 しかし、お値段と入手性を考えると、同じキリンの、とれたてホップ一番搾りに軍配が上がりますね……。

感激!:RIEGELE PILS

先週の、Craft Beer Base BUDでのオクトーバーフェストにて。 雑味のない、洗練されたピルスナーです。 ホップの草っぽい香りが、いかにもドイツビール。 プレッツェルやアイスバインとの相性も最高です。 そしてなにより、日本国内で、これだけ素晴らしいコ…

非常に個性的:グランドキリン 十六夜の月

グランドキリンの秋限定版。 スーパーでも販売されるようになって、ちょっと入手しやすくなりました。 干し草やドライフルーツのような不思議な香り。 しっかりボディーで、苦味よりも、濃厚な甘味を感じます。 ツマミはブリーチーズと好相性。 西海岸風のIP…

アルコール感強し:秋味 堪能

秋味の上位(?)版。 濃すぎず、呑みやすいです。 しかしちょっとアルコール感が目立ちますね…… 残念ながら、普通の秋味の方が、私の好みの味でした。

呑み過ぎ注意:LAGUNITAS IPA

カリフォルニアのIPA。柑橘系の爽やかな香り。口当たりも軽く、ぐいぐい呑めます。セッションIPAと勘違いしてしまいそうな呑みやすさですが、アルコール度数はちゃんと(?)、6.2%あります。アテは、クリームチーズや安物のポテトサラダなど、シンプルで滑らか…

スコティッシュエール?:宇奈月ビール アルト

お土産にいただいた地ビール。 口当たりスッキリ。秋とはいってもまだまだ暑いこの時期に、ぴったりです。 後味はまったり。ダイアセチルが強いですね。 呑みやすいビールですが、このまったり感は、アルトとは違います。 スコティッシュエールの方が近いで…

なんか薄い:グランドキリン ギャラクシーホップ

グランドキリンの夏限定バージョン。 昨年、ギャラクシーホップの爽やかな香りが気に入っていましたので、迷わず購入。 はて。 どうも薄く感じます。 セッションIPAですので、さらっと呑みやすいのは間違いないのですが、呑みやすさより薄さを感じます。 去…

違いが分からない:プレモル マスターズドリーム 無濾過

マスターズドリームの無濾過版。 コンビニ限定発売です。 ほとんど濁ってませんね…… 無濾過、と言われなければ気付かないレベルです。 味も、通常版との違いはほとんどないように思えます。 無濾過だと、まったりずっしりの味になりやすいですが、このビール…